2010年06月15日

ダイエットするにはこれが一番 ランニングと筋トレ効能




30歳を過ぎるとあまり食べなくても太ってきます。

20代の頃はまぁ大丈夫でした。

みなさんも
20代の頃は仕事が終わってからでも遊んでませんでしたか??
飲みに出掛けたり、ナイターで野球をしたり、サッカーをしたり
バスケをしたりなど。

結構、運動する場面が多くなかったですか??

自分の結婚や、友達の結婚で、遊ぶ時間を取りづらくなり
毎日家でも晩酌しテレビみて寝るみたいな生活になってませんか??

僕もそうでした。
そしたら、太ってきました。
体重はそんなに変わらないでもまあ5キロぐらい増えましたが
まぁまだ大丈夫みたいに思ってました。

でも、大切なのは体重ではなく。
見た目!!
見た目は体重の増加からは考えにくいほど太ってるんですよね。

なぜかというと、
筋肉が減って、その分脂肪が増えて体重はそんなに変わらないけど
見た目は明らかに違ってきてしまうのです。

体重計なんか意味ないです。
大切なのは見た目!!

なのです。

そこで、どうすればいいのかと考えました。
痩せるためには、どうすれば。

pig10.png

まず筋肉を取り戻すのです。

太る前ぐらいの筋肉量が必要です。

なぜかと言うと。
筋肉がカロリーを消費してくれます。
筋肉量が増えると基礎代謝があがります。

基礎代謝とは

基礎代謝があがれば。同じ運動をしても消費カロリーが増えます。

日常生活をするだけでも消費カロリーが増えてきます。

ダイエットは引き算なのです。

『一日に摂取するカロリー』が『一日に消費するカロリー』
より少なければ痩せるのです。逆になると太ります。

だから、筋トレは重要です。
筋肉を増やすと体重は増えます。ですが基礎代謝はあがります。
流れで言うと、一回体重が増えてしまいます。
脂肪の量にもよりますが、継続して行くと体重はその後、
減ってきます。

そして、見た目がよくなります。

早く基礎代謝をあげたいのなら、大きな筋肉を鍛えると早いです。
具体的には胸の筋肉、足の筋肉などです。

筋肉量がある程度増えてきたら、次に30分以上のランニングを
します。有酸素運動って奴です。

脂肪燃焼には効果的面です。

筋肉を増やしてからするランニングは消費カロリーも増えて
筋トレをしないランニングよりか、早く痩せると思います。

筋トレ→ランニングこの順序が一番合理的な痩せ方だと思います。

あと、もう一つランニングの素晴らしい効能は30分以上有酸素運動をすると、セロトニンと言う物質が脳内に分泌されるようです。
セロトニンの鎮静作用のおかげでイライラなどが消えスッキリします。
凄く爽やかになります。

痩せるし、頭もスッキリし仕事もはかどり、ランニングの効能は
一石二鳥です。

ぜひ、筋トレ・ランニングをやってみてください。

36442999_9b28ee2033.jpgランニング

スポンサードリンク

【体の最新記事】
posted by とぽ at 23:42 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。